ネキシウムで逆流性食道炎を解消

胸やけや口の中が酸っぱくなるような症状がつらい逆流性食道炎。その悩みを解消してくれるのがネキシウム!このお薬、病院に行かなくても通販で簡単に購入できるんです!さて、今回はそのネキシウムについて詳しく調べてみました。

記事一覧

全身麻酔を使う手術と胃がんの症状とネキシウムの関係

胃の病気には様々なものが存在します。
その中でもポピュラーな病気である、胃潰瘍の治療で利用されるのがネキシウムという薬です。
胃潰瘍は胃酸の分泌が盛んになることで、胃粘膜を傷つけ、不快感や食欲不振、出血を伴います。
あまりにも酷い症状でなければ、薬で治療できる病気です。
ネキシウムは胃酸の分泌を抑えて、胃潰瘍の症状を改善させます。
胃潰瘍の原因はストレスや暴飲暴食などですが、ピロリ菌という菌が住み着くことでも発生します。
このピロリ菌を除菌するために、ネキシウムが利用されることがよくあります。
しかし、単体で使用されるのではなく、別の抗生物質と合わせることで、より高い効果を発揮してくれます。
ピロリ菌が原因で発症する病気として、胃がんがあります。
日本人がかかりやすい、がんの種類です。
胃がんの症状として、胃の部分や胸の部分のもたれがあらわれます。
みぞおちの部分に、痛みが出ることもあります。
食欲がなくなったり、ゲップ、吐き気を感じるようになります。
便の色が黒くなったり、体重が減る、貧血の症状があらわれるなどします。
これらの症状は胃潰瘍と、とても似ているのが怖いところです。
症状が進むと、お腹に水がたまったり、息切れや動悸、血を吐いたり骨折をしやすくなるなど、身体を蝕んでいきます。
胃がんは早期発見をすれば、他のがんに比べると治りやすい病気です。
胃がんを治すには、手術をしてがん細胞を切除するのが有効です。
内視鏡手術と一般的な手術がありますが、基本的に内視鏡手術だと局所麻酔を使いますが、一般的な手術では全身麻酔が用いられます。
麻酔のおかげで痛みを感じることはありません。
がん細胞が小さいほど、切り取る部分が少なく済みます。

続きを読む

暴飲暴食による急性胃腸炎にはネキシウムが効果的

急性胃腸炎とは、急に激しい下痢や嘔吐を繰り返す症状です。
主な原因は暴飲暴食やストレス、細菌・ウイルス感染などが挙げられます。
腹痛や吐き気は辛いもので、何とか改善したいと薬に頼りたいところですが、急性胃腸炎を起こしている時に勝手に市販の薬を飲むのはNGです。
急性胃腸炎の原因はウイルスによるものが多く、下痢や嘔吐はそのウイルスを排出しようとして起こる現象です。
つまり吐き気止めや下痢止めを飲んでしまうと、出すべきウイルスが体の中に残った状態で、なかなか症状が治らなくなってしまうのです。
そのため突然激しい痛みに襲われた時は、医師の診断を受け、その原因にあった薬を処方してもらうのが賢明です。
また最近はストレスや暴飲暴食により逆流性食道炎になってしまう人が増えています。
逆流性食道炎は胃酸が必要以上に分泌される事による胃酸過多が原因で起こります。
急性胃腸炎のような激しい苦痛ではないものの、胸焼けや空腹時の胃の痛み、胃もたれがずっと続きます。
胃はとてもデリケートな臓器なので、病院を受診して薬を飲んでも症状が改善しない場合、特に神経質なタイプの人は「何か悪い病気が隠れているのだろうか?」と不安になって、さらに症状が悪化する事もあります。
こういった場合は胃カメラ検査で何が原因なのかを明確にさせた方が気持ちもスッキリします。
逆流性食道炎も胃カメラ検査でわかる事が多いのですが、この場合はネキシウムなどの治療薬が処方されます。
ネキシウムは胃酸の分泌を強力にブロックする胃酸分泌抑制薬で、即効性があると評判です。
24時間胃内PHをコントロールする働きがあり、逆流性食道炎以外にも胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療に用いられます。
またピロリ菌の除菌補助としても注目されています。

続きを読む

軟便の原因は前日に服用したネキシウムか

近年日本人の食生活には大きな変化が起こり、高脂肪食の摂取機会が増えてきています。
それに伴い胃炎、胃潰瘍、逆流性食道炎などの胃のトラブルが多くなってきています。
こういった胃のトラブルを放置すると将来胃がんや食道がんにつながってしまうこともあるため早期に対策を行う必要があります。
胃薬には様々な種類のものがありますが、その中でも最も多く使われているのがプロトンポンプ阻害薬という種類のものです。
プロトンポンプ阻害薬は胃酸を分泌するプロトンポンプの機能を阻害することによって胃酸の分泌を抑制します。プロトンポンプ阻害薬の代表例としてネキシウムという薬が挙げられます。
この薬は昔からあったプロトンポンプ阻害薬であるオメプラゾール(ラセミ体)のS体のみを取り出し、より効率的に効果が現れるようにした薬剤です。
ところで軟便の方が前日にネキシウムを服用したというケースが多くあるようですが、これはネキシウムが原因となって起こっている可能性があります。
ネキシウムは胃酸分泌を強力に抑えることで胃酸過多を改善します。
一方、胃酸は食べ物や飲み物の消化には欠かせないものでもあります。
もし胃酸分泌が過剰に抑制されてしまった場合、消化不良が起こることがあります。
これによって軟便、下痢といった症状が現れることがあるのです。ネキシウムの添付文書を見ると、ネキシウムで軟便、下痢の副作用が現れる確率は5%以上とされており、これは高頻度といえます。
もし軟便、下痢の症状が激しい場合には医師に相談してみましょう。
胃酸分泌抑制作用がネキシウムなどのプロトンポンプ阻害薬よりも弱いH2ブロッカーに変更される可能性もあります。
H2ブロッカーにはガスター、ザンタックなどがあります。

続きを読む

ネキシウムと善玉菌を増やすにはゼリーがおすすめ

胃はとてもデリケートな存在で、少しのことで具合が悪くなったり、不快感を感じられるようになります。
不調が続くと、日常生活に支障をきたしますので、できるなら病院で検査を受けたり、市販薬で症状を改善するのがおすすめです。
ネキシウムという薬は、胃酸過多の症状によく効きます。
医師の処方箋が必要な薬ですが、一般の市販薬よりも高い効果を得られるのが魅力です。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの病気から、逆流性食道炎の治療、ピロリ菌を減らす効果も持っています。
胃酸をコントロールして、胃の調子を整えてくれます。
胃と繋がっているのが腸です。
腸も調子を落としやすい内臓として知られています。
腸の中には、たくさんの菌が潜んでいます。
それらの菌は、しばしば善玉菌と悪玉菌とに分けていわれることがあります。
この2種類の菌のバランスが崩れることで、様々な不調を招きます。
ポピュラーな症状としては、便秘や下痢です。
善玉菌が減少し、悪玉菌の割合が多くなると、これらの症状が見られることが多くなっています。
善玉菌を増やすには、善玉菌の栄養になるものを摂取することが重要です。
食物繊維とオリゴ糖がこれにあてはまります。
さつまいもや豆類、ゴボウ、キノコやこんにゃくに食物繊維が豊富です。
オリゴ糖はタマネギやバナナ、とうもろこし、牛乳、はちみつなどに含まれます。
胃腸の具合が悪い時には、できるだけ消化のよい食べ物を摂取するようにします。
おすすめなのがゼリーです。
胃腸が悪いと食欲が落ちてしまいますが、ゼリーであれば手間なく食べられますので、辛い思いをすることなく飲み込めるよさがあります。
味付けのあるものが多いですので、美味しく食べやすいのもメリットです。

続きを読む

急性胃炎の治療方法にはネキシウムが効果的!

胃は人の体の中でも最もデリケートな臓器です。
暴飲暴食だけではなく、不規則な生活習慣、ストレスなどによっても胃に不調をきたす事があります。
胃炎は急性胃炎と慢性胃炎に分けられるのですが、それぞれの症状は異なります。
まず急性胃炎の場合は、みぞおちが痛んだり、むかつきや嘔吐、吐血、下血などが急に起こります。
痛む場所を触診したり、食べた物などの問診をする事で原因や治療方法も明確になります。
一方の慢性胃炎は、急性胃炎のような激しい苦痛はありません。
空腹時にむかつきがあったり、食後の胃もたれ、食欲不振などが何となく続きます。
触診や問診でも原因がわからない事が多く、医師が処方した薬を飲んでも症状が改善されない場合は、胃カメラ検査などを行い、重篤な病気がないかの確認をします。
胃炎の治療方法ですが、急性・慢性に関わらず胃酸分泌抑制薬や胃粘膜保護薬、運動機能改善薬が用いられます。
例えば胃酸分泌抑制薬の一つであるネキシウムは、胃酸の分泌を強力にブロックして胃酸過多を防ぎます。
胃酸過多になると胸焼けや胃液の逆流、胃もたれ、吐き気、腹部膨満感などの症状が出るようになり、さらには逆流性食道炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍の原因にもなります。
ネキシウムはこういった症状、疾患に効果が期待される薬で、即効性に優れ、飲んでからすぐに症状がおさまります。
また胃癌の原因になるピロリ菌の除菌補助としても高い効果を発揮します。
疾患によって服用期間は異なりますが、ネキシウムは24時間、胃内PHをコントロールするので、1日1回いつ飲んでもOKの薬です。
病院処方によるネキシウムの服用期間は8週間までと決められており、もしその後も不調が続くなら詳しい検査をした方が安心です。

続きを読む

消化に必要な胃酸を助けるネキシウムとパンシロンAZ

ネキシウムを使えば、胃酸の分泌を抑えることが可能です。
胃酸は口から摂取した食べ物を消化して、腸へと届けやすくする大事な働きを持っています。
しかし、過剰分泌されると、胃の粘膜を傷つけたり、ポリープを作ってしまう、胃に穴をあけてしまうなどの事態に陥ります。
あまりにも症状がひどいと、入院治療が必要になってきますが、早めに病院を受診して、ネキシウムなどを利用して治療を行えば、通院だけでも回復させることができます。
軽度の症状であれば、市販薬で調子を整えるのも有効です。
市販薬として有名なのが、パンシロンAZです。
最寄りのドラッグストアや、ネット通販で気軽に購入することができます。
パンシロンAZの特徴は、胃粘膜の修復を促す成分が含まれている部分です。
アズレンスルホン酸ナトリウムやL-グルタミンの働きにより、修復してくれます。
それに加えて、メタケイ酸アルミン酸マグネシウムを配合することで、胃粘膜にバリアを作り、過剰な胃酸から守ってくれるようになります。
胃の痛みを抑えたり、不快感や胸やけ、胃もたれなどの症状を緩和してくれます。
1日に3回飲むようにします。
空腹時に飲むのが基本です。
食前や食間を利用して服用します。
15歳以上なら1回1包です。
11歳以上の場合は3分の2の量に調整します。
11歳未満の子供はパンシロンAZを使うことができませんので、注意してください。
パンシロンAZには他にも似たような製品が存在します。
それぞれ特徴がありますので、自分の症状にあった製品を選んで使うようにすると効果的です。
胃酸の過剰分泌に有効なもの以外にも、胃の働きが弱くなってしまうことで、消化不良や胃もたれがある人に有効な胃腸薬も市販されています。

続きを読む

ネキシウムと胃がん検診とがんのステージの関係

胃はとてもデリケートな臓器なので、ストレスや心配事でも調子が悪くなる事もよくあります。
そのため元々胃腸が弱いとか、神経質なタイプの人には、常に胃薬が欠かせないという人も少なくありません。
さて、胃腸炎は急性胃腸炎と慢性胃腸炎の2つのタイプに分かれるのですが、細菌やウイルスに感染して突然激しい腹痛や吐き気、下痢を伴う急性胃腸炎は、医師による問診や触診で原因がわかり、時間が経てばゆっくり改善していきます。
一方慢性胃腸炎は、空腹の時に胃が痛くなる、胸焼け、食欲不振、膨満感などの症状がダラダラと続きます。
そして市販の胃薬を飲んだとしても、一時期的に良くなるだけでまた症状が戻っていきます。
これは胃酸が必要以上に分泌される胃酸過多になっているためで、胃酸の分泌を抑える必要があります。
例えばネキシウムは胃酸の分泌を強力にブロックする胃酸分泌抑制薬として有名です。
非常に即効性があり、多くの人が飲んですぐに効果を実感しています。
また胃酸過多の症状を改善するだけではなく、逆流性食道炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍の治療、ピロリ菌な除菌補助などにも使われます。
ちなみにネキシウムの用量は1日1錠と決められており、逆流性食道炎は8週まで、胃・十二指腸潰瘍の治療は6週までとされています。
医薬品専門の通販サイトで購入する事ができ、病院の処方箋も必要ないため、手軽に使えるのが魅力ではありますが、しつこく続く症状を自己診断で済ませるのは危険です。
もしネキシウムを服用しても症状が改善されなければ、胃カメラなど胃がん検診を受ける事が大切です。
胃がんは早期発見が何よりも大切で、ステージが軽ければそれだけ完治する可能性が高く、体への負担も軽く済みます。

続きを読む

ネキシウムは病院に行かずに通販で購入できる

ネキシウムは胃酸の分泌を抑えることで、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎といった病気の治療に用いられるプロトンポンプ阻害薬です。
国内では4番目に承認された治療薬ですが、胃酸の分泌を強力に抑え、難治性の潰瘍にも効果を発揮することから、逆流性食道炎の治療では第一選択となっている飲み薬です。
また、アスピリンや鎮痛薬が原因の潰瘍にも効果的に働き、胃酸の分泌量が大きく減少するため、抗生物質との併用でピロリ菌の除菌にも役立つようになっています。
ネキシウムは10mgと20mgの2つの規格で販売され、1日の投与量は20mgが限界とし、治療は最長で8週間までとなっています。
つまり、胃潰瘍や逆流性食道炎の治療で健康保険を使ったネキシウムの購入は1年間で8週間までしか利用できず、それ以上の使用は自由診療となって実費での購入になります。
ネキシウムは第一類医薬品となっていることから、国内でのネット通販での購入はできず、必ず病院にいって診察を受けてからではないと処方されません。
しかし、海外での個人輸入についてはこれに当てはまらず、処方箋がなくても購入することができるので、治療期間が過ぎてしまった、病院に行く暇がないといった人は、個人輸入代行サイトを利用して購入すると良いでしょう。
個人輸入での購入は健康保険が利用できませんが、病院に行くための交通費や、診察代、処方箋代といったものはかからず、必要なのは薬代と送料のみなので、手間や費用を抑えて購入することが可能となっています。
また、まとめ買いの割引をしているサイトも多いので、それらを利用することで薬代も大きく抑えることができ、ネキシウムをお得に購入する事ができます。

続きを読む

ネキシウムに副作用はあるの?

ネキシウムは主に胃の働きを改善する薬でよく使用されています。
多くの場合、逆流性食道炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃酸過多等の治療に使用されます。
誰にでも効くのが特徴で、副作用が少ない薬です。

胃酸の分泌を抑えるため、主に逆流性食道炎に使われますが、この他胃がんの原因でもあるピロリ菌の除菌を助ける働きもあり、解熱鎮痛剤の作用やアスピリンなどの服用によりおきてしまう胃潰瘍にも良く効きます。
逆流性食道炎は胃酸が食道に逆流し、強い酸性にさらされるため食道に炎症が起きてしまう症状です。
胸やけがしたり、胸のつかえ感があり、特に横になった時に胸やけがひどくなるのが特徴です。

胃酸はストレスや胃腸の機能が低下した時に多く分泌されるためストレスをためず、胃の働きを正常にする必要があります。
ネキシウムはプロトンポンプと呼ばれる胃酸を分泌する物質の働きを妨げる作用があります。
胃酸の分泌をコントロールすることができるので飲み始めると比較的早くに効果が現れます。

ネキシウムを逆流性食道炎改善のために使用した場合、服用の期間は8週間までです。
ネキシウムの作用が強いため逆流性食道炎の治りが早いので再発に注意しながら継続して飲みましょう。
8週間以上服用し続けると消化不良などを引き起こし、逆効果になってしまいますので注意しましょう。
1日に1回一錠飲むだけで効き目が現れるので用量用法は守りましょう。

副作用としては便秘や下痢といった腸の症状や味覚障害、頭痛、めまいなどが起こることがあります。
消化不良を引き起こした際は、結果として軟便や下痢となって現れます。
便が溜まりやすくなるので、便秘にもなりやすくなります。
ガスがたまると腹部に圧迫感が起こり、空気が上に行きたがるので逆流を誘発してしまうという悪循環のケースも起こりえます。
軟便や下痢の場合でも、便秘の場合でもこの副作用は出やすいので、水分補給を欠かさないようにすることが必要になります。

肝機能の数値に異常が見られた場合は発疹が出ることもあります。
重篤な副作用としてはアナフィラキシーショックやせん妄、間質性肺炎、むくみや吐き気、尿が泡立つ、尿量が少ない、白目が黄色くなるなどがあります。
ネキシウムは副作用が少ないため、めったに重篤になることはないですが、肝臓の働きが悪い場合はネキシウムを使用すると血中濃度が上がりやすくなります。
長く使用する場合は定期的に肝機能や腎機能を血液検査によって行う必要があります。
医師の判断の下適切な服用が求められます。

続きを読む