ネキシウムで逆流性食道炎を解消

胸やけや口の中が酸っぱくなるような症状がつらい逆流性食道炎。その悩みを解消してくれるのがネキシウム!このお薬、病院に行かなくても通販で簡単に購入できるんです!さて、今回はそのネキシウムについて詳しく調べてみました。

急性胃炎の治療方法にはネキシウムが効果的!

胃は人の体の中でも最もデリケートな臓器です。
暴飲暴食だけではなく、不規則な生活習慣、ストレスなどによっても胃に不調をきたす事があります。
胃炎は急性胃炎と慢性胃炎に分けられるのですが、それぞれの症状は異なります。
まず急性胃炎の場合は、みぞおちが痛んだり、むかつきや嘔吐、吐血、下血などが急に起こります。
痛む場所を触診したり、食べた物などの問診をする事で原因や治療方法も明確になります。
一方の慢性胃炎は、急性胃炎のような激しい苦痛はありません。
空腹時にむかつきがあったり、食後の胃もたれ、食欲不振などが何となく続きます。
触診や問診でも原因がわからない事が多く、医師が処方した薬を飲んでも症状が改善されない場合は、胃カメラ検査などを行い、重篤な病気がないかの確認をします。
胃炎の治療方法ですが、急性・慢性に関わらず胃酸分泌抑制薬や胃粘膜保護薬、運動機能改善薬が用いられます。
例えば胃酸分泌抑制薬の一つであるネキシウムは、胃酸の分泌を強力にブロックして胃酸過多を防ぎます。
胃酸過多になると胸焼けや胃液の逆流、胃もたれ、吐き気、腹部膨満感などの症状が出るようになり、さらには逆流性食道炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍の原因にもなります。
ネキシウムはこういった症状、疾患に効果が期待される薬で、即効性に優れ、飲んでからすぐに症状がおさまります。
また胃癌の原因になるピロリ菌の除菌補助としても高い効果を発揮します。
疾患によって服用期間は異なりますが、ネキシウムは24時間、胃内PHをコントロールするので、1日1回いつ飲んでもOKの薬です。
病院処方によるネキシウムの服用期間は8週間までと決められており、もしその後も不調が続くなら詳しい検査をした方が安心です。