ネキシウムで逆流性食道炎を解消

ネキシウムで逆流性食道炎を解消

胸やけや口の中が酸っぱくなるような症状がつらい逆流性食道炎。その悩みを解消してくれるのがネキシウム!このお薬、病院に行かなくても通販で簡単に購入できるんです!さて、今回はそのネキシウムについて詳しく調べてみました。

ネキシウムが逆流性食道炎に効く

逆流性食道炎は胃液が食道に逆流することで胸焼けや吐き気、胸の痛み、喉の違和感、げっぷなどの症状が現れます。
これは本来なら消化中の胃の内容物が逆流しないようにしている下部食道括約筋の機能が低下していたり、胃の内圧が上昇するなどして強い酸性の液体を含んでいる消化中の食べ物が食道に逆流して食道を傷つけてしまいます。
これによって様々な症状が出てしまうのです。
逆流性食道炎になる原因は過食や服の締め付け、前かがみの姿勢になる、肥満などが原因で胃の内圧が上昇したり、加齢やアルコールが原因で下部食道括約筋の機能が低下する、ストレスなどで胃酸の分泌が過剰になるために起こるものです。
ほとんどの下人は自分の注意で改善ができるものですが、唯一自分の意思でコントロールできないのが胃液です。
そこで病院で処方されるのがネキシウムです。
ネキシウムの働きは胃酸の分泌を抑制することで症状を軽減することにあります。
ネキシウムは逆流性食道炎だけではなく、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの胃酸過多が原因で起こる消化器系の病気の治療薬としても使われています。
作用が強力なため、逆流性食道炎や胃潰瘍などの治療の第一選択薬として使われています。
ただし作用が強いため服用の期間が6~8週間ほどとされており、それ以上の服用をする場合には別の胃酸を抑える薬に処方薬を変更する必要があります。
副作用は少ないと言われていますが、頭痛やめまい、軟便、下痢、肝機能の値に異常がみられることがあります。
まれな副作用として血小板や白血球が減少する副作用や、アナフィラキシーショックを起こすこともあるため、何らかの異常が現れた場合にはすぐに医師に相談するようにしましょう。